従業員を大切にしている

従業員に対する考え方

世の中には多くの会社があります。どの会社も利益を上げなければいけませんが、その為に長時間残業や有休が取れない労働環境などで社員がないがしろにされているニュースを一時期よく見かけました。俗にいうブラック企業です。勿論、そういった会社ばかりではなく十分な福利厚生を用意して、従業員がやりがいを持って働き、私生活でも満足できるような制度を用意している会社もたくさんあります。こういった待遇の差は会社の従業員に対する考え方の差からきています。従業員を会社の資産と考えている会社は従業員を大切にします。

また従業員を大切にする会社は、社員教育も行き届いています。入社後から一人で仕事がこなせるようになるまで、教育担当者が付き進捗を管理しています。スキルだけではなく、挨拶や言葉遣いなどもしっかりと指導してくれます。

社員教育による営業の活性化

社員教育が行き届く為には、管理体制が確立している必要があります。管理体制を充実させるためには役職ごとの権限や決済手順、旅費の精算など社内の細かなルールが機能する事も必要ですが、まず管理される立場にある従業員が会社に満足感を感じている必要があります。でないと退職者が続出し、管理体制どころではなくなります。 ですので、社員教育が行き届いている会社の従業員には熱意があります。自分の会社で働くことに満足感を感じている訳ですから、その生活を長く続けるため、自然と仕事に熱が入ります。その結果、挨拶や商品説明などより良くなるよう努力します。また、今の生活を長く保ちたいという気持ちから態度の悪い社員を戒めあったり、スキルの乏しい社員をカバーしたり団結力が芽生えます。